読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味について色々書く

書きたいことを書いて捨てるための空間

幻煌龍バージェストマ紹介

遊戯王

 9期最後のブースターパック「マキシマム・クライシス」にて登場した新規テーマ「幻煌龍(げんおうりゅう)」。通常モンスターを活かして展開していくという、9期の効果モンスター量産のスピードビートデッキとはまた違った感じのテーマで面白いなと思いました。

 発売前から作ってみたいと思っていたのですが、入れられるカードが少なく(幻煌龍テーマのカードは8種類しかない)、幻煌龍カテゴリでデッキを作ることが出来ず、ということは必然他のテーマと混ぜる必要がありました。私はそういう組み合わせを考えるのがとんと下手なので、さてどうしましょうと発売されてもデッキを作れずにいました。

 やはり組み合わせるなら通常モンスターテーマだと思い考えた結果、通常モンスターとして展開をする罠カードという異色のテーマ「バージェストマ」となら、両方の良いところを活かせるのではないか。と判断し、作ってみることにしました。

両テーマのシナジーについて

 なぜこの組み合わせをしようと思ったのか。やはり通常モンスターテーマだからというのもあるのですが、罠カードだったら相手ターンにも通常モンスターを展開しやすいのですよね。幻煌龍テーマの最重要カードとして「幻煌の都 パシフィス」というカードがあります。

f:id:brushandbrush:20170216080723j:plain

このカードのカード名はルール上「海」として扱う。このカードの効果を発動するターン、自分は効果モンスターを召喚・特殊召喚できない。①:1ターンに1度、自分が通常モンスター1体の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。デッキから「幻煌龍」カード1枚を手札に加える。②:自分フィールドにトークンが存在せず、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した場合に発動できる。自分フィールドに「幻煌龍トークン」(幻竜族・水・星8・攻/守2000)1体を特殊召喚する。 

※ この記事で扱うカード画像、テキストは遊戯王カードデータベースから引用しています。

 このカードは1枚で「トークンの生成」「通常モンスター1体の召喚・特殊召喚成功時、幻煌龍カードサーチ」をこなす、9期らしいカードです。

 「トークンの生成」が出来るのであれば、別にこのカードを守るだけでいいのではないかとも思われるかもしれないですが、その効果には「トークンがいない時のみ発動できる」制限があります。なので、トークンがフィールド上に残っているときの通常モンスター召喚の手段がほしいわけです。

 更に言うならば、サーチ効果は1ターンに1度のみなので、相手ターンにも通常モンスターを出して多くの幻煌龍カードを集めたい。ということで通常モンスターを相手ターンにも出せるカードを用意したいところなのです。

 なので、相手ターンにも通常モンスターを展開しやすいバージェストマは、幻煌龍サーチに繋げやすい相性の良いテーマだということです。

 

 また、バージェストマテーマを使う理由に幻煌龍カードの特性があります。幻煌龍と名のつく罠カードには「フィールドに海が存在する時手札から発動できる」という共通効果があります。一例として一枚紹介します。

f:id:brushandbrush:20170216082909j:plain

フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。①:自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターが装備可能な自分フィールドの全ての「幻煌龍」装備魔法カードをその通常モンスターに装備する。 

 このカードは場に通常モンスターしかいない場合、相手フィールドのカードを問答無用で一枚破壊できる強力カードです。更に罠カードなのでこのカードの発動にチェーンしてバージェストマカードを墓地から特殊召喚できます。そしてこのときパシフィスの効果を発動していなければ、次の幻煌龍カードを手札に加えられます。良い動きをします。

 このカードの他に相手モンスターの攻撃力を下げて効果を無効化させる「幻煌龍の浸渦」というカードが有ります。このことから、どちらかと言うと攻撃力をものすごく上げたりモンスターを大量に展開するというよりかは、相手のカードを破壊、無効化してメタるテーマだと分かります。一方バージェストマも相手のカードをメタるカードが多いです。方向性が近いので、噛み合わせがよく混ざっても使いづらいという印象は受けません。これらの理由で、2つのテーマは双方の良いところを引き出せるのだと確信しました。

 

デッキ紹介

 ではデッキ紹介です。次のデッキは実際に私が作ってみたデッキで、カードが見つからなかったりして用意できなかったという状況も再現されております。

f:id:brushandbrush:20170216084939j:plain

f:id:brushandbrush:20170216084947j:plain

※このデッキはガチャログ.comというサイトで作成しました。

 メインである幻煌龍スパイラルは2枚に抑え、その分をバージェストマカードに置き換えています。最重要カードであるパシフィスを手札に加えるためにフィールド魔法サーチカードを4枚入れています。一枚は「終焉の地」という、相手が特殊召喚を成功した時にフィールド魔法カードを発動できるという相手依存のカードです。相手ターンにパシフィスが破壊された後にこのカードを使って貼り直しをするとすごい嫌な顔されます。

 バージェストマカードとしては、

・サイクロン

・月の書

・表側表示のカード除外(手札コスト1)

・デッキから罠を墓地に

・除外されているカードを墓地に戻す

という5種類のカードを入れています。他にも攻撃力を上げ下げするカード、手札交換カードもあるのですが、デッキの性質を見てメタ要素の強いカードを入れたほうが回しやすいと判断して今回はそれらのカード入れませんでした。

 また、同じ性質を持つ「幻影騎士団ロスト・ヴァンブレイズ」を入れています。

f:id:brushandbrush:20170216091043j:plain

①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は600ダウンし、レベルは2になり、自分の「幻影騎士団」モンスターは戦闘では破壊されない。その後、このカードは通常モンスター(戦士族・闇・星2・攻600/守0)となり、モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。 

 このカードのいいところは、このカード一枚で展開と妨害両方行えるところです。

相手ターンに発動すれば、通常モンスターを特殊召喚して幻煌龍カードのサーチが出来、相手モンスターを対象にすることでシンクロ、エクシーズの妨害も行うことが出来ます。うま味ですね。

 

またサイドデッキにはワイトプリンセス、その他罠カードを積んで場合によってバージェストマ寄りの構成にチェンジすることも可能です。そこまで変える必要もないのですけれども。

 

プレイング

 

 基本的に相手が動かないとこちらも動けない構成です。1ターン目に手札にパシフィスが来ていればそれを出してメタカードを伏せることになります。

 パシフィスがある状態で通常モンスターを出したときの幻煌龍カードサーチ効果は状況によって変わります。相手ターンだったら基本的に罠カードでメタを用意し、自分ターンだったらスパイラルが一番出しやすい条件の装備魔法カードを用意することになります。もちろん状況によって、相手ターンでも装備カードをサーチすることもありますし自分ターンで罠カードをサーチすることもあります。

 通常モンスターを出して装備魔法が手札に加わった状態で自分のターンが来たら、通常モンスターに装備魔法を付け、状況に応じて邪魔なカードを罠カードで抑えてから攻撃をします。攻撃力アップ装備魔法と貫通効果付与装備魔法を両方つけたモンスターで相手モンスターを破壊してダメージを与えると、一回で2体のスパイラルを召喚できます。攻撃力アップ装備魔法の効果で相手に1000バーンも与えられるので、その後スパイラル2体で直接攻撃すれば

x(最初の戦闘ダメージ)+1000+2900+3400=7300+x

になり、xが700以上だと1ターンキルも可能になります。

装備先の通常モンスターはたいてい幻煌龍トークンです。そう考えると、トークンの攻撃力は2500になるので、守備力または攻撃力が1800以下のモンスターを倒すと1ターンキル成功になるということです。

 また、墓地の幻煌龍の戦渦を除外することで場の装備魔法を全て同じモンスターに集約させることが出来ます。それを活用することでもう少しダメージソースを上げることが出来ます。倒せるタイミングを判断して使いたいですね。

 

弱点、改良点

 弱点としては、通常モンスターがスパイラルとバージェストマカードしかないところですね。それによって1ターン目からパシフィスの効果を十分に発揮出来ないわけです。そして返しのターンにフィールド魔法を割られて何も出来ないという試合も何回もありました。

 また、メタカードばかりなので相手が動かないとこちらも動けないわけです。相手が動かないからこちらも展開できず、膠着状態が数ターン続くこともありました。

 

 改良点としては、もう少し通常召喚できる通常モンスターを複数用意するとかですかね。2月25日発売の

www.yugioh-card.com

が通常モンスターを活用したデッキでもあるので、そこから通常モンスターサポートを抜いて幻煌龍バージェストマに組み込むともう少し動きが出て楽しいデッキになるかもしれません。

 

派生デッキを作るならば

 他に幻煌龍と他テーマを混ぜるとしたら何か。第一に思い浮かぶとしてイグナイトがあります。何度でも出せるペンデュラムテーマで、かつ通常モンスターが展開できるので相性がいいです。問題としては新しいマスタールールの影響でエクストラデッキからのペンデュラム召喚もEXモンスターゾーンにしか置けないのでイグナイトがカナリ使いづらくなってしまった事があります。通常召喚したり手札からのペンデュラム召喚には支障は出ないのですが、イグナイト特有のサーチからのペンデュラム展開が阻害されてしまいました。少し悲しいですね。他に組めそうなものでは先程も紹介した恐竜テーマ

ですね。新カードである生存境界が、通常モンスターを破壊して恐竜族を展開するカードなので幻煌龍トークンを破壊しつつ通常恐竜族モンスターを出して幻煌龍カードをサーチするという動きができる事が魅力的だと感じました。ただパシフィスは効果モンスターを召喚特殊召喚したターンは効果を発動できなくなるので、他の恐竜効果モンスターをどれぐらい入れるか、スイッチの必要があるかなど、色々と考えることがありそうです。

 

最後に

このテーマは新しいマスタールールの制限にも引っかからず同じように展開ができ、また通常モンスターテーマが新しく出れば、このテーマとの混合を考えることが出来るので、将来性も十分にあるとても面白いデッキです。あまり注目されないテーマですけど是非デッキを作ってみてください。

 

 

 

 

 

せっかくコズミック・ブレイザー・ドラゴン手に入れたしコズミックブレイザーを出す手順を考える

先日発売された遊戯王デュエルモンスターズ20thANNIVERSARYPACK2NDWAVEを買ったところなんとコズミック・ブレイザー・ドラゴンが手に入りました!わーい。

f:id:brushandbrush:20170214203001j:plain

Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。①:フィールドのこのカードをエンドフェイズまで除外して以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
●相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。 

※ 画像文章引用元は遊戯王カードデータベースから

Card Details | Yu-Gi-Oh! TRADING CARD GAME - CARD DATABASE

 

強い効果ですよね。効果で除外するのではなく、発動条件で除外して戻ってくる効果なので、戻ってくる時妨害を受けづらく、効果の発動を無効にされてもエンドフェイズに必ず戻って来ることが出来ます。

 

折角のいいカードなので、これをぜひ出してみたい!

ということで、コズミック・ブレイザー・ドラゴンを出す方法を考えてみましょう。

ちなみに私はシンクロンデッキが好きなので、ジャンクドッペルでこのカードを出すことを思案していきます。

方法1―公式紹介のシンクロ手順

用意するもの

・手札にジャンク・シンクロン、ドッペル・ウォリアー、手札1枚

・墓地にレベル1チューナー

手順

1.ジャンク・シンクロン召喚。墓地のチューナーを蘇生

2.蘇生に反応してドッペル・ウォリアー特殊召喚

3.ジャンク・シンクロンとドッペル・ウォリアーでS。ジャンク・ウォリアーS召喚。

  ドッペル効果でトークンA,B生成。

4.レベル1チューナーとトークンAでS。天輪の双星道士S召喚。

  双星道士効果でドッペル蘇生。

5.双星道士とドッペルとトークンBでS。アクセル・シンクロンS召喚

  ドッペル効果でトークンC,D生成。

6.アクセル効果でジェット・シンクロンを墓地に送ってレベル4に変更

7.ジェットの効果で手札を捨てて特殊召喚

8.ジェットとトークンC,DでS。クラウソラスS召喚

9.ジャンク・ウォリアークラウソラスアクセルでS。コズミックブレイザー降臨

 

結果:場、コズミック・ブレイザー・ドラゴン1体

 

という順番ですね。ちなみに公式のツイートがこちら。

 

でも少し使うカードを変えれば大分アドバンテージを得ることが出来ます。

変えてみたバージョンを書いてみましょう。

 

用意するもの

・手札にジャンク・シンクロン、ドッペル・ウォリアー

・墓地にレベル1チューナー

手順

1.ジャンク・シンクロン召喚。墓地のチューナーを蘇生

2.蘇生に反応してドッペル・ウォリアー特殊召喚

3.ジャンク・シンクロンとドッペル・ウォリアーでS。TGハイパーライブラリアンS召喚。

  ドッペル効果でトークンA,B生成。

4.レベル1チューナーとトークンAでS。天輪の双星道士S召喚。

  双星道士効果でドッペル蘇生。

  ライブラ効果で1ドロー

5.双星道士とドッペルとトークンBでS。アクセル・シンクロンS召喚

  ドッペル効果でトークンC,D生成。

  ライブラ効果で1ドロー

6.アクセル効果でジェット・シンクロンを墓地に送ってレベル4に変更

7.ジェットの効果で手札を捨てて特殊召喚

8.ジェットとトークンCでS。フォーミュラ・シンクロンをS召喚

  ライブラ効果で1ドロー

  フォーミュラ効果で1ドロー

9.アクセルとトークンDでS。クリストロンアメトリクスS召喚。

  ライブラ効果で1ドロー

10.ライブラアメトリクスフォーミュラでS。コズミックブレイザー降臨

 

結果:場、コズミック・ブレイザー・ドラゴン1体

   手札、4枚追加

 

手札が増えるのでそれを使って次の手を考えられるのがいいですよね。

例えば手札にサモンチェーンがあれば、手順4,5,8,9がチェーン2を組んでいるためそれにチェーンで発動でき、プラス2回通常召喚を行えます。

それによって手順10以前にシンクロを量産してさらなるドローが期待できます。

f:id:brushandbrush:20170214222134j:plain

チェーン3以降に発動できる。このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動している場合、このカードは発動できない。

方法2―リミットオーバー・ドライブを使う。

SD28で登場したリミットオーバー・ドライブという速攻魔法を使ってシンクロを狙う方法です。

f:id:brushandbrush:20170214222714j:plain

「リミットオーバー・ドライブ」は1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドのSモンスターのチューナー1体とチューナー以外のSモンスター1体をエクストラデッキに戻して発動できる。そのモンスター2体のレベルの合計と同じレベルのSモンスター1体を、召喚条件を無視してエクストラデッキから特殊召喚する。

 このカードを使う利点は、速攻魔法なのでバトルフェイズ中に追加攻撃が出来る点。2体で良いのでレベル6,6、 5,7、 4,8などでコズミックブレイザーをS召喚できます。それでは手順を書いていきます。

用意するもの

・手札にジャンク・シンクロン、ドッペル・ウォリアー、リミットオーバー・ドライブ、捨てる用カード一枚

・墓地にチューナー以外のレベル1モンスター一枚

手順

1.ジャンク・シンクロン召喚。モンスター蘇生。ドッペル特殊召喚

2.アクセル・シンクロンS召喚。トークンA,B生成

3.デッキからジェット・シンクロン墓地、レベルは4に

4.手札を捨ててジェット特殊召喚、天輪の双星道士S召喚。

5.天輪効果でドッペル特殊召喚。アクセル以外を素材にしてスターダストチャージウォリアー(チューナー以外のレベル6Sモンスター)S召喚。

6.ドッペル効果でトークンC,D生成。アクセルと共に素材にしてコーラル・ドラゴンS召喚。

7.バトルフェイズ入って攻撃。後リミットオーバードライブ発動。コズミックブレイザー降臨。

8.コーラル効果で1ドロー。バトルフェイズ続行。

結果:場コズミックブレイザー 手札一枚ドロー

 

チャージウォリアーで手札に加えたカードをコーラルドラゴンのコストに使ってフィールドのカードを一枚除去するのもいいと思います。相手場にモンスターがいなくなれば全員で殴って1キル達成です。そんな状況もあるのかどうかですが。

 

方法3―ネクロイドシンクロ

PP19で登場したネクロイドシンクロで特殊召喚できるのかと思ったら、よく見たら「スターダスト」モンスターしか特殊召喚できないようで残念。スターダストシフルを出すときにでも使ってください。

f:id:brushandbrush:20170215000303j:plain

①:チューナー1体とチューナー以外のモンスター2体までを自分の墓地から選んで除外し、除外したモンスターのレベルの合計と同じレベルを持つ「スターダスト」Sモンスター1体をエクストラデッキからS召喚扱いで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 

 

これらの方法を書いてみて

他にいい方法が思いつかなかったのでここまで。

全体的に見て、天輪の双星道士とドッペル・ウォリアーの相性が良いことに気づきました。

f:id:brushandbrush:20170215000540j:plain

チューナー+チューナー以外のモンスター1体
「天輪の双星道士」の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがS召喚に成功した時に発動できる。自分の手札・墓地からチューナー以外のレベル2モンスターを4体まで選んで守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。 

 S召喚に成功したら墓地のドッペル・ウォリアーを蘇生できるので次の展開へ動かしやすいです。レベル6Sの花月見とレベル2モンスターのクリアエフェクター、マジキャットを使えば無限ドロ―することが可能だそうです。

レベル6Sモンスターをマジックテンペスターにすることで無限バーンでゲームエンドまで持っていけるみたいですね。いつかそこまでのプロセスも考えてみたいものですね。

 

書くのに飽きたので以上。他にジャンドでコズミックを出す方法を思いついたら追加していきます。

野獣先輩シェリー・ベルモンド説(途中)

これまで星の数ほどの可能性を突きつけられながら、未だにその実態を明かすことの出来ない野獣先輩。彼女は一体何者なのか、正体は何なのか。私がこれから証明する理由を持ってしても彼女の存在を確定付けることは出来ないであろう。しかし、この新説を出すことによって少しでも彼女の正体に迫れればと思い、筆を執らせてもらう。

 

野獣先輩シェリーベルモンド説

シェリー・ベルモンドとは?

シェリー・ベルモンドとは、漫画『金色のガッシュ!!』にて主人公ガッシュのライバルキャラである『ブラゴ』のパートナーである。幼少期の英才教育の時、母親に言われた一言で自殺しようとしたり、それを助けた親友を魔物に洗脳されたりしている同作者によくある不幸な過去をバネにするキャラクターの一人である。詳しいことは『金色のガッシュ!!』を読んでもらいたい。

根拠① 

野獣先輩はインタビュアーに指摘される程度に体を鍛えている。何故鍛えているのだろうか?スポーツはやっていないけれど鍛えているという返答には何かを隠そうとしているようにも感じる。そう、野獣先輩は魔物との戦いのために鍛えていたのである。

原作を見ると、シェリーも多くの魔物と戦うためにブラゴと修行をし、千年前の魔物編ではフレイルという武器を持って千年前の魔物を相手に、ブラゴと一緒に制圧するまでの力を発揮している。

参考:原作54話「無二の親友」、原作143話「シェリーの線」

根拠②

野獣先輩の特徴といえば、その時々によって変形させる顔のバリエーションである。時に有名サッカー選手、ときに子役にまで顔を変えるさまは化け物である。

無論、シェリーも顔を様々に変化させる。分かりやすい違いを見せるならば、原作10話「運命との戦い」、原作293話「特訓計画」辺りを見れば良いだろう。

根拠③

野獣先輩はインタビューで「王道を征く」という言葉を発している。インタビューで「王道を征く」という単語を使う機会などあるだろうか?いやない。これは野獣先輩がもとより王という言葉を強烈に記憶しているがために口に出してしまったものと思われる。

その原因はもちろん、千年に一度の魔界の王を決める戦いによるものであろう。シェリーは至る所でパートナーであるブラゴを「王にする」と宣言している。ここで挙げるべき原作は162話「必ず、王に」であろう。この話はいつ見返しても感動するので未読の方は是非とも原作を読んでもらいたい。

根拠④

貴族なので枕が大きいのも当たり前である。

根拠⑤

シェリー・ベルモンドの好きな飲み物が紅茶である。

なので家にアイスティーしか置いていなくても何も不思議ではない。

根拠⑥

ここで第四章の冒頭を思い出してもらいたい。

 

(以降、後から加筆修正していく。)