趣味について色々書く

書きたいことを書いて捨てるための空間

【ボイド・テラリウム】たのしい少女延命生活7,8日目【含ネタバレ】

終わった・・・・。

1周目、クリアいたしました。

あぁ・・・すごい達成感・・・。

f:id:brushandbrush:20200203221907j:plain

クリアナンバー1、右にあるのはi?ifルートということでしょうか。

クリアできて本当に嬉しいです。

色々と書きたいことがあるのですが、達成感やら爽快感やらで完全燃焼してしまい、ちょっと書けそうにないです。

明日以降なら少しは落ち着いてかけそうなので、また改めて、今日クリアデキたことの喜び、そしてそれまでの苦悩を描いていこうと思います。

最初に言っておくと、攻略サイトとかは一切見ておりません。

正直自分が行ったルートに進めるというのは自分自身全く思っていませんでした。

次の自分に成功のルートを頑張って進んでもらおう、、、そんなことを考えながら人類復興の道を行ったり来たりしていました。

最後の最後、粘ったおかげで個人的には最高のエンドを迎えることができました。

自分のこれまで遊んできたゲームの展開からして、そういう事もできそうだなというひらめきをとても褒めています。ありがとう、これまでのゲーム人生。

とりあえず速報的に報告だけして今回はこのへんで。

今日はいい夢見れそう。

f:id:brushandbrush:20200203231247j:plain

最高のエンディング

 

【ボイド・テラリウム】たのしい少女延命生活5,6日目【含ネタバレ】

本題に入る前のちょっとした話。

・食料が少なかったので食料集めに向かった途端トリコちゃんが二度目の風邪に。

食料ほしいのになんてこった!と思いながら風邪専用ステージへ。

速攻で薬を回収しないと腹減りが、と心配していたら道中キノコを2つ回収。しかも汚染度は青(正常)。

風邪専用ステージは意外と食料回収に向いてるステージかもしれない。そう思ったので共有。

・一昨日あたりでは、食料集めは最初のステージの深部で狙う考えでしたが、今は植物プラントに行くことにしています。

理由としてはまず、最初のステージでは汚染度を減らせる汚染キットが無いことが挙げられます。汚染キットのある無しできれいな食料を持ち帰れるかがかなり違います。

もう一つ、深いところ行ったって汚染度が高いものはあるという知見を得ました。だめなところはだめ。であればリカバリー手段のある植物プラントの方がいいよねって事でアプデ完了しました。

ヘビイチゴも美味しそうですし。

 

さて本題。

汚染源突破できましたー!

イエーイ!

これまで汚染源は10階ぐらいまででいつもやられてたのに、今回は結構難なく最終階層まで行くことができました。

途中、グロースPOTの紫汚染によってレベルを2上げる効果を2回使えた事、トリコちゃんの腹減りがハート2つだったのでかなりハイペースで降りたことが良かったんだなぁと思ってます。トリコちゃんはローグライクゲームで大事なことを教えてくれる。(ファクトリーAIもそんなこと言ってた気がしなくもないけど気にしない)

今回臨むにあたり、ロボくんの初期ステータスを結構考えてました。

初期ステータスというか、初期ロールとカスタムパーツ。

これまでは敵をワンパンで倒すためにパワー重視なロールで挑んでいたのですが、昨日今日でよくわかりました。

「どんなに強化しても囲まれたら終わり。」

どれだけ強化しても偶然の展開、単純な一手ロスであれよあれよとタコ殴りされる。そしてやられてはじめから。それがローグライクゲームなんだって分かりました。

なので、今回は少しでも延命できるようにパワーではなく防御ロールを使うことにしました。

そのおかげかはわかりませんが、与えたダメージの三分の一を回復に変換するというツヨツヨパッシヴを得ることができてかなり楽できました。

ツヨツヨパッシヴを手に入れられたのは防御ロールにしただけではなく、カスタムパーツ面でもいいサポートがありました。それが「抽選スロットプラス1」というスキル。レベルアップ時に選択できるパッシヴスキルの選択枠を一つ増やせるという素晴らしいスキルで、高レアなスキルをいっぱい出してくれました。ありがたかったー。

 

f:id:brushandbrush:20200201092419j:plain

実際に使ったやつ

 

そんな感じで順調に強化させて最終階層までたどり着けました。

その後の展開は個人的に驚きのものでした。ので、ここからは記憶を頼りに最後の階層について回想します。

降りて最初の部屋は何もなかったので、次の部屋に移動。部屋は広くて、真ん中にはぽつんと敵マークが。「これを壊せばいいのかな?」なんて呑気にしていたら操作不能に。敵マークのオブジェクトにフォーカスしたと思ったらオブジェクトが動き出し、叫び、ボス戦が始まりました。

f:id:brushandbrush:20200201092501j:plain

 

「え、このゲームボスキャラとかいるの!?」

と内心焦っていたらボスの初手。

謎の力で部屋中にパックンみたいな植物の化け物を大量に生産される。自分の周りには出なかったけど、道中最強格のモンスターが現れてビビリが収まらない。

パックンは自分からは動けないので無視しても良かったのですが、気持ちを落ち着かせたかったので「エクスプロージョン」を発動!ザコ敵を一掃させました。

ただ、中央のボスにはノーダメージ。さすがボス。

ボスの系統はパックンと同じ系統で動く気配がなかったので、相手の攻撃範囲を気にしながら少しずつ前進。

ボスの周り5×5マスには毒スモークが常にたかれているので、まずはその外側からボムを投げてみる。きっちり40ダメージ入ったが、ライフの減りがあまりにも小さい。少し心が折れかける。

次にスモークを投げてみる。当たった瞬間は床にスモークが反映されるが、次のターンには毒スモークに逆戻り。さすが汚染源。

もう投げれるものは投げ尽くしたので、意を決して毒スモークに潜入!入った瞬間には殴られなかったので攻撃範囲は周囲1マスだけっぽい。

更に接近。毒ダメージと殴り合わせて30ちょいダメージ。

こちらはクリティカル95%入る殴り+周囲のマスに自動ダメージを与えるビットくん10ダメージで計70~80ダメージと25ぐらい回復。
しかもこちらは回避率60%ぐらい。

意外と楽勝だ!と思いながら殴り合いをして相手のライフを50%ぐらいにしたところでボスの次の一手

またモンスターを生成して来たのですが、今度は自立式ですごいでかい!
初めて見るモンスターだったのでかなり焦りながらも生成位置がまだ遠かったのでとりあえず殴り合い続行。
自分はブルズアイスキルを持っていたので、最接近されたら反撃してやろうという心積もりでした。

で、近くまで来たのでブルズアイ実行!失敗!なんで!?
見ると混乱状態になっており、攻撃が明後日の方向に行ってました。
少し進めてみてわかったことですが、出てきたボスパックン的モンスターはファンガスⅡという常に自分の周りに混乱スモークを焚き続けるという厄介なモンスターでした。
最初にファンガスⅠを観測したのが汚染源突破後なので、もちろんそんな事情は知らず、わけも分からずボコボコと殴られることに。

とりあえず守りを固めようとガードPOTを使用し、目の前の敵を処理しないとー!と殴り続けていたら、ゴリ押しで倒すことができました。


何日もかけて挑戦と失敗を繰り返していたので、思い返すとあっけない終わり方でしたが、クリアした瞬間の喜びはひとしおでした。
もうその日一日はどんなに嫌なことがあっても「でも俺、汚染源クリアしてるからな・・・」と思うことで思考をプラスに転換することができました。

そして始まる新たなミッション・・・!

f:id:brushandbrush:20200201101917j:plain

そして出てきてしまった新たな病気「ねじれ病」!

f:id:brushandbrush:20200201101938j:plain

 

なんか新しいことが次々と発生してしまって何が何やらという感じですが、とりあえず今はトリコちゃんとあっちむいてホイで遊ぶことにします。
勝ったときの喜ぶトリコちゃんかわいい!(現在0勝)

f:id:brushandbrush:20200201102052j:plain

今日はそんな感じで!
次なる希望に向けてエンヤコラー

【ボイド・テラリウム】たのしい少女延命生活4日目【含ネタバレ】

前回はシステム的楽しさを伝えること中心でしたが、今回は進捗報告中心にやっていく所存です。

基本文章ちょいちょいスクショスタイルで。

 

大病『風邪』にかかってしまったトリコちゃんにお薬をあげるべくダンジョンへ。

f:id:brushandbrush:20200130211930j:plain

ちょっと顔が赤い

病気イベント解決に必要な素材は普段出ているやつではなく風邪専用のステージが出たのでそちらに行くことに。

構成は4階構成。敵キャラは大体が最初のステージに出てくるようなのばかりだったので、そこまで苦もなく最終階層に到着。

最終階層に必要な素材が落ちていました。見逃してはなるまいとそれまでの階は全部屋調べていった努力ががが。次病気になったら即降りで良さそうですね。

ダンジョン制覇後はお薬クラフト&注入。そういえば初日にトリコちゃんにお薬をぶっ刺すときに「目に入れるんじゃねえだろうなぁ・・・」と怖がっていたのを思い出しました。初日はまだ怖いゲームなんじゃないかと戦々恐々としてました(イメージ恐ろしすぎない?)

f:id:brushandbrush:20200130212043j:plain

 

現在は汚染元を廃絶するために『汚染源』15Fに向けて調査に行ってます。汚染源はこれまで以上に難易度が高めで、なかなかクリアできないです。

なので汚染源に挑みつつ素材を回収。お部屋の改築に勤しんでいます。
家具の作成をすることでロボくんのステータスが上昇するのは良いシステムですよね。実用的なコレクション要素って感じ。

結構家具も作ったのでそろそろ汚染源の調査完了できるか!!と思いながら今日も潜って行きます。

現在のロボくんのボーナスはこんな感じ

f:id:brushandbrush:20200130212101j:plain

f:id:brushandbrush:20200130212119j:plain

抽選除外はこんな感じ

抽選除外というのがあったので選ばないやつを選択。
自分はできるだけ荷物を沢山蓄えたいタイプなので、荷物が少ないほど回避率が上がる「軽装」は自分には合わないかなと感じて毎回選んでません。

他に何を除外させればいいかは今後考えていきます。

今日はここまで。

明日明後日には汚染源攻略したいですね・・・!

f:id:brushandbrush:20200130212446j:plain

今日もトリコちゃんは可愛いです。

それでは!

【ボイド・テラリウム】たのしい少女延命生活3日目【含ネタバレ?】

ボイド・テラリウムが楽しい!のでその思いを伝えたくなりました。

nippon1.jp

ローグライク系のゲームはほとんどやったことはなく、風来のシレンシリーズを動画で見るぐらいでしたが今回一気にハマりました。

毎回違う構成のステージをなるべくスタミナとか手持ちを気にしながら進んで行くのは毎回緊張感があって楽しいです。

風来のシレンシリーズを見ているとき、シレンがやられてしまうとこれまで手に入れた道具が全部なくなるところを見て「厳しそう」なイメージを持っていました。難易度というより、精神的な部分で。すごいいい武器を作っても、偶然の流れで理不尽にやられてしまえばすべて水の泡になるのはすごい心に来そうだなと。

でもこのゲームで遊んでるときは不安視してた喪失感はさほどありませんでした。(階を降りた途端部屋内のものを引き寄せる機械によってパックンみたいな化け物に接敵されてやられたときは流石にちょっと厳しいものがあったけど。)

その理由としては、主人公のロボくんがやられても、それまで持っていた素材はしっかり還元されるところにあるんじゃないかなと思っています。

たとえそこでやられても次につながっている。これまでの頑張りが無駄にならないっていうのは、個人的にはすごいありがたいシステムでした。

もし自分の知っているローグライク系のシステムそのままなら、きっと自分はなかなか難しいエリアには挑戦せず、少しでも危険だと感じたらすぐ引き返す。そんなプレイングになっていたと思います。

行ってもマイナスではないとわかれば、多少無茶な動きになっても深くまで潜る。エネルギーが少なくても気にせず突き進むといったことができます。

他の人の評価がどうなってるか走りませんが、少なくとも自分はそんな希望あるシステムのおかげでたいへん楽しくプレイできています。

 

システムというと「おせわシステム」も結構楽しいです。

トリコちゃんを飼育するためのおせわシステムはおそらく、先程あった「無茶できる」システムの代わりに付けられた「時間」による枷だと考えています。

遊んでると結構アイテムが貯まるんですよね。敵が落としたりフィールドに落ちていたり。そのおかげでいようと思えばかなり長い時間い続けることが出来ます。

ワンフロアで無限湧きする敵を倒し続けてレベルをひたすら上げてから全フロア攻略。なんてのも出来そうなぐらい。

そういうプレイヤーが有利になりすぎないように、オセワっちを使って掃除することでエネルギーを消費させたり、お腹すかせてたら自爆して帰らせたりすることで難易度を上げているように思えます。

ただ、そんな制約的要素だけなシステムではないんですよ。

お世話してるとですね、ほんとにトリコちゃんに愛着が湧いてくるんですよ。

少しでも汚れてたら掃除してあげなきゃ、お腹すかせてたら帰ってあげなきゃ、汚染されてる食べ物をあげないようにきれいな食べ物探さなきゃなんて思いながらお世話していると、どんどんトリコちゃんが愛おしくなるわけですよ。

f:id:brushandbrush:20200129215419j:plain

少しでもいい生活をしてほしいから部屋に蝶を撒いてみたり、汚染度の低い食べ物目当てにわざわざ最初のステージの深い層まで行って食料を確保したりするんですよ。それが楽しいんです。

(自分は今の所攻略サイトは見ずにやっているので、「地下深くのほうが地上からの汚染が少なくていい食料が見つかる」「最初のステージは人間の居住区だったから比較的ちゃんとした食べ物がある」など経験と妄想を使って判断してます)

 

ストーリーもすごい楽しい。

最初聞いた感じだと、もう少し鬱屈とした物語になるかと思ったのですが、全体的に希望溢れる話になっています。イマヤッテルカギリデハ。

まださわり部分なんだろうけど、少しずつできることが増えていって、それ以上に大変な敵が出てきて、とても楽しいです。

次は汚染の原因を探るために汚染源を調査するところです。

ただ、その前にトリコちゃんが『風邪』という大病になってしまったので治すために薬品を探しに行きます!

f:id:brushandbrush:20200129215443j:plain

 

この先どういう展開になってどんな終わりが待っているのか、とても楽しみです。

また書きたくなったら書きます。それでは!

【バトスピ始めました】仮面ライダーWデッキ

最近遊戯王仲間に勧められてバトルスピリッツをはじめました。

仮面ライダーが好きなので仮面ライダーWデッキを作りました。エクストリーム!できて楽しいです。と言っても改良してから対戦していないのですが。。。

バトスピは遊戯王にはない(他のカードゲームではよくある)コストを支払ってプレイするゲームなので、スピード感が遅めで楽しいです。

コストにはコアと呼ばれるビーズみたいなものを使います。昔遊んでたガッシュベルカードゲームを彷彿とさせます。初手リオルレイス警戒ベルギムE・O立ては誰しもやったのではないでしょうか。僕はやりました。ガッシュベルカードゲームは魔本と呼ばれるデッキケースにカードを入れていき、今開いてるページから魔物を展開したり術を発動する今思い返しても中々アイデアあるゲームでした。無敵のキャンチョメを肉壁にして、蘇生とともに出てくるパルコ・フォルゴレで相手のMPを削ったり、ティオの0コスカードを2コスにする効果を使って相手の魔力運用をかき乱したりできて楽しかったなあ。

ゲームスピードは遅いけど高コストスピリット(遊戯王で言う最上級モンスター)が早いと1,2ターン目に出てきたりします。それでも防御札があればすぐに倒せてしまうので、すぐに決着は付きません。個人的な感覚では。

10年やっている割にはそこまでインフレしていないのかなという印象ではあります。それでも最近の動きはかなりインフレ傾向らしいですよ。

来月には新しい仮面ライダーパックが発売されるらしいですし、今後も遊んでいきたいですね。

 

なんか紹介したくなったのでデッキ紹介します。デッキはもちろん仮面ライダーWデッキ(調整中)。

右端に書いてある数字は入れている枚数です。

仮面ライダーWデッキ 40

コスト3 11

スピリット

仮面ライダージョーカー 3

仮面ライダーW サイクロンジョーカー 2

仮面ライダーW ルナトリガー 3

ネクサス

・地球の本棚 3

コスト4 10

スピリット

仮面ライダーW サイクロンジョーカー[2] 3

仮面ライダーW ヒートメタル 3

仮面ライダービルド 海賊レッシャーフォーム 2

ブレイブ

・テッポウナナフシ 2

コスト5 7

スピリット

仮面ライダースカル 1

仮面ライダーファイズ アクセルフォーム 2

・三十三代目風魔頭首ヤタガライ 2

ブレイブ

・プリズムビッカー 2

コスト6 2

スピリット

仮面ライダーW ファングジョーカー 1

仮面ライダーアクセルブースター 1

コスト7 5

スピリット

仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム 2

仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム[2] 3

コスト8 1

スピリット

仮面ライダークローズチャージ 1

コスト9 4

スピリット

仮面ライダーW サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム 2

・乙の跳獣女王アルレ・クィーン 2

 

・・・こうしてみるとバランス悪いですね。

 

WデッキなのでWがあるのはわかると思うので、W以外で入れているカードの投入理由などをば。

 

・海賊レッシャーフォーム

アタック効果がチェンジをただで使えるので入れています。

ただ、これを入れて回した事が無いのでどれだけ影響を及ぼすかは分かってないです。

・テッポウナナフシ

手札に高コストのカードが溜まってしまい、動けないという場面があったので入れてみました。ちゃんと機能してくれるかは謎

仮面ライダーファイズ アクセルフォーム

仮面ライダーでは珍しいアルティメットも破壊できるスピリット。バースト持ちで、条件もライフ減少時なので出しやすいです。

また、名前に「アクセル」が付いているため、仮面ライダージョーカーや地球の本棚で回収できるのも強み。

・三十三代目風魔頭首ヤタガライ

アルティメットを疲労させるアクセル効果持ちのスピリット。召喚時効果もコアブーストと汎用的で、デッキからオープンされた時に手札に加わるため、無駄にもなりにくいといい事ずくめなカード。

最近お値段が少し高くなっている気がします。

仮面ライダークローズチャージ

パックで当たったのでとりあえず入れてみました。高コストのバースト持ちなので、エクストリームに降臨させるときに使えるかなと思って入れていますが、まだそこまで活躍してくれてない。ビルドのカードが入ったから能動的に出せるかなと少し期待してるけど、枚数も枚数なので、来ると嬉しいな程度の気持ちです。

改良するときに抜ける筆頭かもしれない。

・乙の跳獣女王アルレ・クィーン

疲労状態のスピリット、アルティメットをデッキバウンスするバースト持ちのスピリット。疲労させることの多いデッキに相性の良いないかなと探していたときにたまたま見つけたカード。

強いカードなんですけど、何故か手札に来てくれない。いつもめくれて破棄されてます。なんでじゃ。

 

回し方としては

仮面ライダージョーカー、地球の本棚でカード補充。

他のカードで疲労にさせつつコアを貯めて、最後にゴールドエクストリームで連続攻撃!といったところでしょうか。

緑のデッキの割にコアブーストできるカードが少ない気がするので、そこは今後の調整次第でしょうか。

個人的にはプリズムビッカーをもう一枚入れたいところ。でも意外と見かけないんですよね。欲しいなあ。

 

その他にも現在

・ディケイド中心赤ライダーデッキ

・メガデッキプラス新弾で作る爪鳥

・子フィンクスドンドン出てくるナウ想獣

なんかも作成中。そのうちまたこんな感じで紹介したいなぁといったところ。

結構デッキが出来てきたので、バトスピのイベントとか出てみたいですね。そんな感じ。

召喚獣プルガトリオで1キルしたい!(構想段階)

全体攻撃って魅力的ですよね。

どうもこんにちは、遊戯王バンザイな毎日を送っております。

 

 今回は同カテゴリの中で1,2を争うほど影の薄い存在である「召喚獣プルガトリオ」の能力を活かした何かを作れはしないか!?という記事です。

 構想は思いつくのですがいかんせんデッキとしてまとめる力がない・・・。この記事を元に誰かが作ってくれないかと期待したいところ。

召喚獣プルガトリオについての紹介

そもそも召喚獣ってどんなテーマだったっけ?

 召喚獣とは、「召喚師アレイスター」と各属性のモンスターを融合素材とすることで様々な融合モンスターを出せるデッキです。切り札的立ち位置である「召喚獣エシュリオン」は、自身の効果で相手のモンスターをすべて除外するという凄まじい能力を持っています。一時期は環境テーマの出張枠として様々なデッキに絡んでいましたが、最近はそこまで活躍している話は聞きませんね。最近というと、11月に発売されたLINK VRAINS PACKには新カード「暴走召喚師アレイスター」が登場しましたね。これにより召喚獣がまた隆盛するのでしょうか。詳しいことは分かりません。

 

召喚獣プルガトリオの紹介~なぜ影が薄いのか~

「召喚師アレイスター」+炎属性モンスター
①:このカードの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×200アップする。②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 召喚獣プルガトリオは召喚師アレイスター+炎属性モンスター融合召喚されます。効果はとても攻撃的で、

1.相手フィールドのカード枚数に応じて攻撃力アップ

2.全体攻撃持ち

3.貫通能力持ち

という3つの能力を兼ね備えています。強い!

 しかし、この攻撃特化の効果こそが影が薄い原因でもあります。出張テーマとしてよく見られる召喚獣を簡単に紹介すると

召喚獣メルカバー アレイスター+光属性

 効果:モンスター、魔法、罠いずれかの効果が発動した時に発動した効果と同じ種類のカードを手札から捨てることで効果を無効にして除外する。

召喚獣ライディーン アレイスター+風属性 星5

 効果:フリーチェーンの「月の書」

召喚獣エシュリオン 召喚獣エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター

 効果:全属性付与+除外した召喚獣モンスターと同じ属性の相手モンスターを全除外(フリーチェーン)

の3種類です。エシュリオンはそこまでかもしれませんがメルカバーとライディーン召喚獣筆頭ですね。よく見ます。なぜメルカバーとライディーンが出て来やすいのか。もちろん効果が、制圧、展開妨害に使えるというのもありますが、モンスターのだしやすさもこのカードたちが出て来やすい理由なのだと思います。

 メルカバーは融合素材に光属性モンスターが必要です。手札誘発でよく見かけるエフェクト・ヴェーラーや幽鬼うさぎも光属性です。召喚獣には、ほぼ専用融合である「召喚魔術」というカードがあります。召喚魔術は墓地にあるモンスターも素材に出来るので、手札誘発として使用したカードを融合素材として再利用することが出来ます。同じ理由で、増殖するGを素材に効果はないけれどもステータスが高い「召喚獣メガラニカ」も登場頻度は少ないですが見かけます。

 次にライディーンですが、このカードは星5というところがポイントです。星5の融合モンスターを出す手段といえばもちろん「簡易融合」ですよね。ライフを1000払うだけでこのカードが召喚できます。簡易融合の制限により攻撃はできませんが、効果は使用できるので、この効果を活用して邪魔なモンスターを裏守備にして無力化したり、最近だと戦士族というところを利用してイゾルデのリンク素材にするなどの展開補助を見せてくれます。

 これじゃあ召喚獣紹介の続きだな・・・。話を戻しまして、プルガトリオがなぜ影が薄いのかと。出張テーマとしての召喚獣に求められていたのは制圧と妨害でした。なので、自ら攻撃しないと真価が発揮できないプルガトリオは要らないわけです。また、プルガトリオは星7ですので簡易融合を使った展開補助もできない。そもそも炎属性のモンスターを用意するところが大変という散々な理由で、出張テーマでなくとも使いづらいカードなわけです。

 しかし、先程も書きましたがこのカードは決して使えないカードではないんです。対モンスターとの戦闘に特化しているため使い勝手が悪いだけなんです。お膳立てしてあげれば1キルも夢じゃないんです!

 というわけで次の項ではプルガトリオを活用させた1キル例を書いていきます。

1キルとしてのプルガトリオ

 プルガトリオは相手フィールドのカードの数*200攻撃力を上げ、相手モンスターに1回ずつ攻撃ができます。つまり、「相手フィールドにモンスターが多くいるほど」プルガトリオは活躍するということです。相手フィールドにモンスターを揃えるカードと言えばもちろん「おジャマトリオ」ですよね。

 おジャマトリオを使えば相手フィールドに守備力1000のモンスターを3体並べることが出来ます。また、破壊することで300ダメージを与えます。相手フィールドに3枚カードがある時、プルガトリオの攻撃力は2900になります。一体破壊する毎に攻撃力が200減っていきますが、それでも

 1900 + 1700 + 1500 + (300 * 3) = 6000ダメージ与えることが出来ます。

つまり、おジャマトリオ+プルガトリオの攻撃力とおジャマトークン守備力の差を700以上広げるカードが存在すれば1キル成立となります。

 例えば「団結の力」「凶暴化の仮面」などの装備魔法や、「ジュラゲド」のようなモンスター。プルガトリオの攻撃力を上昇させて1キルします。更に、攻撃力を上げる手段として「盆回し」+「バーニングブラッド」といった組み合わせもあります。盆回しを発動して自分場にバーニングブラッド相手場に任意のフィールド魔法をセットします。バーニングブラッドは場の炎属性モンスターの攻撃力を500上げるカードなので、セットされたこのカードを発動すれば、プルガトリオの攻撃力は500アップします。また盆回しで相手の場にフィールド魔法がセットされているので更に攻撃力が200アップし、合計で攻撃力を700上げることに成功して1キル成功です。

 また、除外ゾーンにクリストロンを用意するという条件付きではありますが、クリストロン・インパクトを使うことでも1キルは可能です。クリストロン・インパクトは除外されているクリストロンモンスターを特殊召喚した後、相手モンスターの守備力を全て0にします。このカード自体罠カードなのでスピードは遅いですが、一応可能性として。

 ステータス増減以外にも1キルする方法はあります。相手の場にモンスターを更に出すことができれば1キル可能ですよね。
「トーチ・ゴーレム」なら守備表示で相手に送りつければそのまま攻撃して1キルとなります。
また墓地にチューナーがいれば「リバイバル・ギフト」を発動して相手にトークンを2体送ったり、
おジャマトークンを減らしたところで「ナイトメア・デーモンズ」を発動して相手にトークンを3体送ったりすれば1キル達成となります。

 これまでは攻撃のみで1キルを目指そうとしていましたが、要は残り2000ダメージをどうやって出すのかなのです。これをバーンで補う方法もあります。一番きれいな形になるのが「火霊術-紅-」です。炎属性モンスターをリリースしてそのモンスターの元々の攻撃力を相手に与えます。プルガトリオの攻撃力は2300なので、1キルまでいきます。また、ギャンブル性がありますが「運命の分かれ道」で決めるのも面白いかもしれません。

 このように、プルガトリオ+おジャマトリオ+αを考えるだけでもこれだけの勝ち筋があるわけですから、何かしらデッキが作れる気がするわけなんですよ。でもこのままだと『古代の機械混沌巨人でいいじゃん!』と言われかねません。なので次は先程散々言っていた「プルガトリオの出しにくさ」について思いついた先から書いていこうと思います。

実は出しやすい?プルガトリオ

 プルガトリオを出す手段は、意外とあります。

 第一に【正規融合】パターン。アレイスター+炎属性を集める手段ですよね。召喚師アレイスターは現在制限カードなので、用意するのに苦労するかと思いきやそんなことはありません。テーマ紹介時にちらっと書いた新規リンクモンスター「暴走召喚師アレイスター」がとてもいい働きをします。詳しくは効果を見ればわかります。

種族と属性が異なるモンスター2体
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「召喚師アレイスター」として扱う。②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。手札を1枚選んで捨て、デッキから「召喚魔術」または「法の聖典」1枚を手札に加える。③:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「魔法名-「大いなる獣」」1枚を手札に加える。 

  まず、このカードは場、墓地にいる限り「召喚師アレイスター」となります。この時点で問題が一つ解決しましたね。暴走アレイスターはリンクモンスターであり、召喚条件も『種族と属性が異なるモンスター2体』とそこまで難しくありません。更に、暴走アレイスターには「召喚魔術」をサーチする効果もあります。これにより、次のような動きでプルガトリオを召喚することが出来ます。

条件:場に「暴走召喚師アレイスター」 手札に「簡易融合」+手札1枚

1.簡易融合発動。炎属性モンスターをss

2.暴走召喚師アレイスター②の効果で手札を捨てて「召喚魔術」をサーチ

3.召喚魔術を発動してプルガトリオを融合召喚

ね?簡単でしょう?

 この他にも、融合素材代用モンスターを使ったり墓地まで素材に選ぶことの出来る「召喚魔術」の特性を活かして墓地に送った「灰流うらら」を再利用するなど考えれば色々と思いつくことが出来ます。召喚魔術の特性で思いついたのが、2018年1月に発売されるブースターパックに登場する「エレメントセイバー」を活用する方法です。エレメントセイバーは墓地にいる時好きな属性に変更するという効果があります。これを利用すれば簡単に炎属性を集めることが出来ますね。召喚獣とエレメントセイバー、意外といい組み合わせなのかもしれない・・・。

 正規召喚以外にも、「法の聖典」で特殊召喚することも可能です。以下法の聖典のテキスト

「法の聖典」は1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドの「召喚獣」モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「召喚獣」モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 これにより、「簡易融合」で特殊召喚した「召喚獣ライディーン」を使ってプルガトリオを出すなんて言うことも簡単にできます。

 以上により、古代の機械混沌巨人よりかは出しやすいということを証明できたのではないかなぁなんて思っています。

 

筆者が考えるプルガトリオ1キルの流れ

 さてここからが本題です。先んじて1キルルートの紹介をしましたが、私としてはプルガトリオだけでなく次のカードも活用させたいなと考えています。それが

究極幻神アルティミトル・ビシバールキン

です。リンク環境によって一瞬光が差したかと思ったけどすぐにまた埋もれてしまったカードというイメージです。こういうカードを使って勝てると本当に楽しいですよね。

使い方は簡単。ビシバールキンにトークンを生成してもらい、そのトークンをプルガトリオで攻撃するという動きに利用します。しかし大きな問題もあります。以下テキスト紹介

ルール上、このカードのレベルは12として扱う。このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル8以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。①:このカードは効果では破壊されず、攻撃力はフィールドのモンスターの数×1000アップする。②:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。お互いのフィールドに同じ数だけ、「邪眼神トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。このターンこのカードは攻撃できない。 

 召喚条件が「自分フィールドのレベル8以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。」と凄まじく重いわけなんです。その上でプルガトリオを出す必要があるのでさあ大変。どうしましょうというわけです。そのためにもいかにビシバールキンを出していけるかが重要になってくるわけですが、その方法については後日書いていきます。書く気(と時間)があればね!

 

まとめ

 1キルのロマンを宿したカード「召喚獣プルガトリオ」の紹介でした。自分のやりたいことを続けて書いていきたいですね。

アマゾネス王女で1キルしたい!

全体攻撃には1キルの夢が詰まっていますよね。どうもこんにちは。

 

 今回は【アマゾネス】デッキ。その中でも「アマゾネス王女」を使った1ターンキルが目標のデッキを紹介します。1キルはデュエリストのロマン!

 方法は至って簡単。王女で攻撃して勝つ。です。簡単だぁ。それでは早速デッキ紹介です。

f:id:brushandbrush:20170806233307j:plain

www.db.yugioh-card.com

 結構適当です。今後改善していきたい・・・。最初はキーカード紹介です。

 

f:id:brushandbrush:20170806233741j:plain

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アマゾネス女王」として扱う。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「アマゾネス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。③:このカードの攻撃宣言時にこのカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから「アマゾネス王女」以外の「アマゾネス」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 

f:id:brushandbrush:20170806233838j:plain

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:デッキから「アマゾネスの叫声」以外の「アマゾネス」カード1枚を手札に加えるか墓地へ送る。②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「アマゾネス」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、対象のモンスターは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

f:id:brushandbrush:20170806234321j:plain

「ブラック・ガーデン」の効果以外の方法でモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスターの攻撃力を半分にし、そのモンスターのコントローラーから見て相手のフィールド上に「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。また、自分のメインフェイズ時に発動できる。このカードとフィールド上の植物族モンスターを全て破壊し、自分の墓地からこのカードの効果で破壊したモンスターの攻撃力の合計と同じ攻撃力のモンスター1体を選択して特殊召喚する。 

 

この3枚があれば1キル可能です。分かる人はもう大体分かるでしょうか。それでは1キルまでの手順です。

 

1ターンキル方法

開始条件:手札に「アマゾネス王女(orアマゾネスの叫声)」「ブラック・ガーデン(orテラフォ)」「なんでも良い手札1枚」があること。

1.ブラック・ガーデン(テラフォ経由でも可)を発動する。
2.アマゾネス王女召喚(orアマゾネスの叫声①の効果アマゾネス王女をサーチして召喚)。

3.アマゾネス王女②の効果ブラックガーデンの効果がチェーンされる。ローズ・トークが相手フィールド上に特殊召喚された後、アマゾネスの叫声をサーチする(2にてアマゾネスの叫声を使っていれば、アマゾネスの闘志をサーチして4を省く)
4.アマゾネスの叫声①の効果発動。アマゾネスの闘志を手札に加える。
5.アマゾネスの闘志②の効果発動、対象はアマゾネス王女アマゾネスの闘志発動。
6.バトルフェイズ。アマゾネス王女の攻撃宣言時③の効果発動。手札を1枚墓地に送り、デッキからアマゾネスモンスターを特殊召喚
7.ブラック・ガーデン効果発動、ローズ・トークンが特殊召喚される。
8.アマゾネスの闘志の効果でアマゾネス王女の攻撃力が600→1600になる。
9.ローズ・トークンの攻撃力は800なので、相手に800ダメージ
10.6~9を相手ライフが1200以下になるまで繰り返す。アマゾネス王女の効果コストは6にて特殊召喚したアマゾネスモンスターを利用する。
11.ライフが1200以下になる時にアマゾネスの射手特殊召喚したら、バトルフェイズを終了し、メインフェイズ2を始める。
12.アマゾネスの射手の効果発動。自身とアマゾネス王女をリリースして1200ダメージを与えてゲーム終了。

 

 色々と書いてますが、簡単に言えば「アマゾネスの叫声で全体攻撃効果を得たアマゾネス王女と、モンスターを出す度相手フィールドにモンスターを出すブラック・ガーデンを活用して永遠に攻撃しよう」ということです。

 このデッキの好きなところはやはり「全体攻撃」でライフを削りきるところですね。アニメでの「拡散する波動」や「E・HEROワイルドジャギーマン」が活躍するシーンを見て一度は『全体攻撃で相手のモンスターを一掃させて勝利したい!』と思ったことでしょう。私はそうでした。

 問題点は勝ち筋がこれ以外ないというところですね。出来ることなら純【アマゾネス】としての動きも入れたいですね。細かい調整が必要みたいです。

 

 実のところ、このデッキは思いつきで作ってみただけでデッキを回してはいません(そもそも盆回しを3枚も持ってない)。なのでこのコンボの成功率なんかもわからないわけですね。

 今回は新しいカードでこんなことが出来るんだよ!ということを伝えたいがための記事でした。これらのカードが発売されて現時点で数ヶ月経過してるので、何番煎じかではあると思いますが・・・。

 

 今一度見直してみると、手札にもう一枚余裕があったらライフ2400以下からアマゾネスの射手の効果を2回発動して勝てますね。

 場:自分・・・アマゾネス王女、アマゾネスの射手アマゾネスの射手

   相手・・・ローズトークン、ローズトークン、ローズトーク

墓地:自分・・・アマゾネス女王

バトルフェイズ終了、メイン2に移行。

アマゾネスの射手効果で自身とアマゾネス王女リリースして1200ダメージ

ブラック・ガーデンの効果発動。ローズトークン3体破壊して、自分の墓地の攻撃力2400のモンスター、アマゾネス女王を蘇生。

アマゾネスの射手効果で自身とアマゾネス女王をリリースして1200ダメージ

 

というルートがありましたね。やっぱりこのデッキ完成させたいなぁ。ありがとうございました。